一人焼肉を覚えてしましました

僕は京都で一人暮らしをしながら、近所の大学に通っています。この生活を始めてからもう2年になりますが、実はその間に、いわゆる「一人焼肉」を覚えてしまいました。

貧血を予防する栄養素:わかりやすい貧血の知識

僕も最初は一人で生活しているのにふさわしい、とても慎ましやかな暮らしを送っていたのです。ですが、毎日学校での講義を受け終わって借りている安アパートに帰っても、家族の誰がいるわけでもなく、他に会話をする相手がいるわけでもない状況に、いつしか段々と寂しさが募っていき、そのストレスが食に流れていってしまったのです。

ちょっと気になる食の情報

最初は一人分の食材で一皿分だけ焼肉などを作っていましたが、家族だんらんのイメージが強い鉄板で、どうしてもにぎやかに肉を料理したくなってしまい、つい大きなグリル形式のものを入手してしまいました。
そこからはもう、まるで坂道を下るような勢いで、毎日一人焼肉パーティーを繰り返す日々が始まりました。大学からの帰りにスーパーで食材を2・3人分買い込み、家に帰ったらそれを焼いて食べる毎日。当然ではありますが、どんどんと体重は増加していき、今では三ケタの大台を突破してしまいました。
きっと今の僕の姿を親が見たら泣くとは思いますが、どうしてもこの一人焼肉をやめることが出来そうにありません。

米沢牛 通販

いっそ鉄板を捨ててしまえば、あきらめもつくかもしれませんが、それも出来ずに焼肉パーティーを毎日開催してしまう僕なのでした。